イメージと違う!? 入社後のギャップ調査してきました(新卒編)

2019.06.13

内定者(たいやき)

こんにちは!内定者のたいやきです。

就職活動を進めていくなかで、
「この企業の世間からのイメージって本当なのだろうか」
「説明会で話していたことって実際はどうなんだろう」
などと思ったことはありませんか。

実際に仕事をしてみて初めてわかる、就職活動前のイメージと実際のギャップ。
具体的にその企業にはどのようなギャップがあるのかを先に知っていれば、限られた就職活動の時間を有効活用できますよね。

そこで、マイナビのシステム職として働いている社員の方に、実際に働いてみてどのようなギャップがあったのかを新卒入社社員の方々を対象に調査してきました。

入社前後でイメージギャップはありましたか

協力してくださった方の多くが、入社の前後でギャップがあったと感じているようです。
では、ここから具体的にどのようなギャップがあったのかを見ていきましょう。

どのようなギャップがあったのでしょうか

1位:仕事内容や配属に関して・・・75%

  • 当初想像していたよりも多くのシステムに携わることになった
  • 結構自分たちでやるところはやっていて、丸投げではなかった

多くのシステムを自分たちの手で作っていることにギャップを感じている方が多数でした。私自身も、マイナビのシステムのほとんどが外注だと思っていたので、とても驚きました。

2位:給与や待遇、福利厚生について・・・58%

  • 休暇を取りやすい

協力してくれた新卒入社以外の方にも話を伺うと、マイナビのシステム職は休暇を取りやすい環境だということがわかりました。
旅行が趣味な私にとって、これはとても嬉しい情報です。

3位:組織の特徴や社風に関して・・・42%

  • 想像以上に落ち着いた雰囲気だった

マイナビのように営業職が多い会社にありがちなのが、体育会系のイメージ。
マイナビには営業以外にも多くの部署が存在し、他部署同士が同じフロアでコミュニケーションも多いため、体育会系の雰囲気は感じません。私も内定者研修で多くの社員の方にお会いしましたが、穏やかな方が多い印象でした。

入社してよかったのと感じたのはどんなとき

一方で、マイナビに入社してよかったと感じるのは、どのようなときなのでしょうか。

  • 先輩方の有能さを目の当たりにし、なおかつ私たち後輩にもそのノウハウを共有してくれる
  • セミナーや勉強会などに積極的に参加されてくれる
  • 他のIT企業と比べると、業務内容や福利厚生などが充実していると感じる
  • 会社とはどんなものか、業務をどう回しているのか、組織体系はどうなっているのかなど、俯瞰的にわかる

何か特別な事があったというより日々の業務を振り返ったときに、マイナビに入社してよかったと感じる人が多数でした。

まとめ

多くの方が入社の前後でギャップがあるようです。
しかしアンケートの結果を見ると、良いギャップが多数あることに安心しました。

また、マイナビに入社してよかったと感じている社員が多いのも印象強かったです。
私が入社する際も、恐らく今のイメージとのギャップは出てくるとは思いますが、そのギャップを乗り越え、マイナビに入社してよかったと感じられるように頑張りたいと思います!