文系出身のエンジニア 加藤伸拓さんにインタビュー!

2019.05.09

内定者(すみれ)

こんにちは! 内定者のすみれです。

マイナビでは、文系出身のエンジニアも多く働いています。私もITコースの内定者ですが、文系学部です。文系出身のエンジニアはマイナビでどのように活躍しているのでしょうか?
文系出身で社内エンジニアとして働いている加藤さんにお話を伺いました!

プロフィール

  • 名前
    • 加藤 伸拓(かとう しんたく)
  • 所属部署
    • システム統括本部 ITソリューション統括部 システム基盤部
  • 略歴
    • マイナビへ新卒で2016年入社
  • 出身学部
    • 教育学部
  • 専攻やゼミなど、大学で勉強したこと
    • 認知心理や情報教育学
  • 趣味
    • 美味しいご飯を食べること
  • ひと言コメント
    • 自由に仕事をさせてもらっています

エンジニアに至った経緯

なぜエンジニアになろうと思ったのですか?きっかけを教えてください!

私は当初、営業職としてマイナビにエントリーをしていました。
ところが面接をしていく中でシステム職を薦められ、エンジニアとして選考を受けようと決めました。

プログラミングの経験はありましたか?

情報系教育学部だったのでプログラミングについて1年間くらい勉強しましたが、実践的なコーディング経験はありませんでした。

エンジニアになるという選択について不安はありませんでしたか?

社内SEはコーディングがメインではないと聞いていたため、エンジニアになるという事への不安はなかったです。

現在の仕事内容について

現在どのような業務をされていますか?

社内基盤部は、マイナビ社員約10,000人のシステムインフラ(NW・サーバ・ストレージなど)の保守運用をしています。
なかでも私は、おもに社内の無線LAN環境の整備や、資産管理系ソフトのアプリ・インフラの保守運用を担当しています。
仕事の幅広さや規模の大きさはマイナビならではだと思うので、やりがいを持って働いています。

仕事をする上で、文系出身でよかったと思うことはどんなことですか?

入社したばかりの頃は、システムに関する知識が全く無かったので、変に構えることはありませんでした。イチから実務を通して仕事を吸収する事ができたことが、とても良かったと思っています。

また、協力ベンダー様へのご依頼事項他事業部との調整業務が多いので、分かりやすく、かつ納得していただける説明が必要です。これには学生時代、プレゼンテーションなどで人前に立っていた経験が生かされていると思います。

仕事をする上で大変なことは何ですか?また、それをどう克服しましたか?

社内SEとして、幅広い知識応用力を持った判断が必要になる場面が多いです。
学生時代に、実際に手を動かす難しさやそのやりがいを知っていれば、後輩の教育の場や要件定義を伝える会議などで、もっと深みのある発言が出来たのでは、と悩むこともあります。

しかし、学生時代に培ってきた経験だけで仕事が進められるほど単純なものではないとも思っています。日々学習し、成長することで次はもっといい結果が生み出せるように、常に気を引き締めて業務にあたっています。

理系出身の方とどんな会話をしていますか?

入社して3年が経とうとしていますが、システム部内で特に文理の違いは感じたことはありません。いい意味でコミュニケーションが取りやすい職場環境だな、と思います。
仕事の進め方やプライベートなことまで、さまざまなことを話せる雰囲気です。

文系出身でエンジニアになるということ

専用の集中スペースで作業をする加藤さん

文系出身でエンジニアになるということについて、どのように考えますか?

総括的に、システム職に興味がある人であれば文理に関係なく自分の進路に責任を持って、エンジニアとして働いて頂ければと思います。
特にマイナビのシステム部は、調整業務や全体統括などで周りを巻き込む力が必要になってきます。そういった業務に興味がある人は是非マイナビに入って頂きたいです。

文系出身の学生は、専門知識や経験が無いからこそ、固まった価値観を持たずに柔軟に対応できるポテンシャルを秘めていると思うので、頑張って欲しいと思います。

エンジニアを目指している学生にエールをお願いします!

エンジニアは入社してからが本番だと思うので、まずは自分のやりたい仕事・なりたい人物にマッチしそうな企業を探してみてください。
ホスピタリティが高く、前向きに業務に取り組んでいける方であれば、きっとどんな会社のエンジニアであっても満足する仕事が出来ると思います。自分の確固たる意思を持って頑張ってみてください。

取材を終えて

加藤さんのお話から、学生時代のプレゼンテーションなどで人前に立つ経験を生かすことができたり、文系出身だからこそゼロから知識を吸収することのメリットがあることなどが分かり、文系出身の私も勇気付けられました!

エンジニアになることを迷っている文系出身の方もいらっしゃると思いますが、文系出身だからこそ発揮できるパフォーマンスがあると思いました。